ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

徒然に写真機を友に時空を散策しています

若き日の思い出

1982年川重のモーターサイクル部門は、第2次オイルショックによるアメリカ市場での過度の
需要期待とH/Y戦争の煽りを喰い、3年分以上の在庫をアメリカで抱え込む事態を招き、300億円
の赤字計上を余儀なくされた。この状況は、日本4社共通であった。更に、アメリカで開発し、
生産もしていたスノーモービルも暖冬が続いたため、2年以上の在庫を抱えた。

アメリカの販売会社を潰す訳にはいかないが、生産をする必要のないアメリカの工場(ネブラスカ
州のリンカーン市)は、閉鎖の危機に見舞われた。好調時、500人以上いた従業員を半分に減らし、
それでも週3日の稼働日しか確保できなかった。そのため、リンカーン市の公共施設の無償改修に
従業員を派遣し、それ以上の解雇を避けたということで、当時のレーガン大統領から感謝状を頂いた。
しかし、紙切れで、飯を食うことはできない。

それで、日本とアメリカ側のtop decisionで決まったのが、”水冷4気筒900ccE/Gを搭載したNinja
900"である。このモデルは、カワサキにとって、起死回生の起爆剤となり、このネーミングは長く
アメリカ市場で受け継がれた。1985年からアメリカで生産が始まり、工場は息を吹き返し、
”Ninja 900 raised in Nebraska"


e0360431_01045705.jpeg


は、アメリカでM/Cビジネスを継続するという私たちの顧客に対する強いメッセージとなった。

更に、幸運なことが起こった。当時、大スターの予兆を感じさせ始めた、Tom Cruise が、このモデルを
気に入り、映画 ”Top Gun”で騎乗し、幾多の名シーンで、Ninja900の勇姿を見ることができた。


e0360431_01044196.jpeg


その頃、この工場で、1985年から7年間働けたことを誇りに思っている。



e0360431_01483296.jpg


2年目の夏休みに、5歳の娘と4歳の息子と、コロラド州デンバーに行った時の写真です。
私も36歳と若かった。


Take My Breath Away by Berlin






Danger Zone




[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-04-20 01:39 | その他 | Comments(12)
Commented by H.O at 2017-04-20 04:36 x
初めまして。
貴重なお話をありがとうございます。
お話の80年代親友がコロラドの大学に行ってまして、時々手紙をもらったりもしましてコロラドやアメリカでの話を聞いてました。
私の取引先の若社長さん(女性)が、Ninjaの後継機に乗ってまして私もバイクやクルマが好きなのでその方とはあれこれ話してます。私も当時、Ninja輸出仕様に憧れてました。^^
Commented by voyagers-x at 2017-04-20 09:49
おはようございます ! !
僕はこの映画を見て限定解除を受けました。
免許を取得するのに一夏かかりました
試験は8回受けたかな
現在バイクには載っていませんが、いつでも大型バイクには乗れます
でも引き起こしがもう出来ないかも
僕が大型の限定解除免許を取得して最初に購入したバイクがKawasaki Ninja 900Rという逆輸入のバイクでした
このバイクは相当乗りやすかったですね
次に乗ったのがSUZUKIの刀 1100だったかな
あー、またバイク乗りたいけど、奥さんが許してくれません
危ないからダメだって ^^;

Commented by Photo-Lover777 at 2017-04-20 11:07
> H.Oさん
 こんにちは。当時は、オートバイ部門を潰す話もありまして、大変でした。私は、係長だったので、ハラハラして見ていただけですが・・・。でも、みんなで一丸となって再建しようと全力で頑張った時代です。今は、よき思い出です。
Commented by A-HIMEKKO at 2017-04-20 11:13
トムクルーズが乗っていたバイクは日本製だったんですね@@
彼は親日派ですもんね。
映画「ラストサムライ」で自家用ジェットで来姫された時は、
ミニフィィバーでしたよ。
そのお仕事に従事されていたことは誇り♪ですね^^

バイク好きの若い頃のだんなも大型乗っていましたが、
次男誕生とともに・・・・
養育費へと変わりました(笑)
(男の趣味より、父親やろっって)
Commented by Photo-Lover777 at 2017-04-20 11:25
> voyagers-xさん
 みなさん、多彩な趣味をお持ちですね。Ninja900をご愛顧頂き、ありがとうございます。当時は、大型バイクは、アメリカ、欧州、日本でも需要があって、4社もやっていけた時代でしたが、今は、特に、リーマンショク以降、苦しい状況が続いています。50〜120ccクラスのモペットやスクーターは、中国に、1200万台、東南アジアに、600万台、インドに800万台の市場があって、このクラスが苦手なK社以外の3社は結構奮戦しています。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-04-20 11:40
> A-HIMEKKOさん
 みなさん、いろいろな青春の思い出ってありますよね。"Top Gun"のこのテーマミュージックを聴くと、その頃を思い出します。あの頃は若くて、何にでも興味があって、見るもの全てが新鮮で・・・・・楽しかった・・・・・。
Commented by tad64 at 2017-04-20 14:32
米国に勤務されたときお子様は2歳と3歳だったのですね。奥様は色々とご苦労多かったことでしょうね。
更に会社が閉鎖の危機に見舞われた時期もあったとか。海外でこの様な苦しい時期を乗り越えてこられたのですから、今となっては良い思いででしょう! ご苦労様でしたね♪
Commented by Photo-Lover777 at 2017-04-20 16:36
> tad64さん
 当時、私は下っ端だったので、そんなにプレッシャーはありませんでしたが、貴殿は多分、社長か、相当なレベルの責任者として着任されたと思われます。国内市場が不振ですと、その分、海外市場に期待がかけられますので、御社の海外販売立て直しは大変だったと想像できます。あとで振り返ると自分の人生にとって価値のある期間であったと自負されていいと思います。写真で余生を楽しみましょう。
Commented by BBpinevalley at 2017-04-20 21:00
私はバイクのことはわからないのですが、Ninjaというバイクが目立って走るようになったのは憶えています。
トップガンのトレーラー、懐かしかったです。
若いですね、トム・クルーズ。
スターの要素が、こうしてじっくり見てみると、明快に見えますね。
PhotoーLoverさんも負けていませんが(笑)
85年ごろ、私は毎週末、シエラ山脈の麓までフライフィッシングに行っていました。
懐かしい限りです。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-04-20 22:58
BBさんへ
 アメリカの7年間は、いろいろな出来事がありました。あの頃、日本はバブル経済で傲慢になり、ベブルビーチのゴルフ場やロックフェラービルを買収し、俄か金満家と嘲笑された。父ブッシュが湾岸戦争を敢行した時、"Show the Flag"と叫ばれながら、金しか出さなかった日本への非難は厳しかった。工場で働いていた45歳の兵役予備員が出兵祝賀会で、晴れがましい顔をしていたのを見て、恥ずかしくなった。1989年には、ベルリンの壁が崩壊する様をテレビで見て、東西冷戦は終わるのだと世界史の一場面を見るような思いがした・・・・・。あなたも、カリフォルニアでいろいろな出来事に遭遇したと思いますが・・・・・・・。
Commented by BBpinevalley at 2017-04-21 19:54
確かに、日本はバブルの真っ最中で、札束を団扇代わりにしたような人たちがたくさん渡米してきましたね。ホテルを買うだの、ゴルフ場を買うだのと、今の中国人を嘲笑できない有様でした。あれに比べれば、中国人の方がずっと地に足が付いているかなと思うくらいです。
湾岸戦争の時、ネブラスカとカリフォルニアでは戦争に対するリアクションも随分違ったと思います。私が覚えているのは、開戦直後に母に電話した時、母が「あの爆弾の音を聞くと、その下に居られる方たちが気の毒で気の毒でたまらない」と言ったこと。経験者にしか分からないことだなぁと実感しました。
ベルリンの壁の崩壊では、レーガンが、まるで自分一人で壁を崩したかのように演説をぶったのには呆れました。
実にいろいろありましたね。それでも、今のトランプに至るとは、夢にも思いませんでしたけれど(笑)
Commented by Photo-Lover777 at 2017-04-21 21:07
> BBpinevalleyさん
 確かに、アメリカも建前と本音があって、大統領が人選する長官も多くは各業界の利益代表です。だから、自国の国益を守るという本音が垣間見えます。しかし、もっと残念なのは、日本は経済発展をしたものの、世界の国々から尊敬される理念がないことです。我々、民間人は60年代中葉から自力で海外市場に活路を求めました。だけど、経済力だけでは、誰もリスペクトしません。世界の強者を納得させる理念を有し、弱者を救済する包容力を示す、世界に通用する政治家がいないことを残念に思いました。官僚は自国経済にしか手が出ず、政治家は選挙区への利益誘導しか頭にないようでは、いつまでたっても政治的には三流のままです。今後、益々、どの国も自国中心主義になって行きそうですから、日本人も世界に通じる理念を持たないと。自然科学の分野では、多くのノーベル賞受賞者を排出しだしたのだから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード