ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

徒然に写真機を友に時空を散策しています

宇治の平等院鳳凰堂

宇治にある紫陽花で有名な三室戸寺を訪れた後に、宇治川まで散策
しながら、平等院鳳凰堂にやって来ました。ちょっと、鵜飼の店先や
平等院の門前町をぶらぶらと歩いて山門を潜ると改装された真紅の鳳
凰堂が聳え、池に美しく写り込んでいました。ここも大勢の観光客で
一杯でした。                         




e0360431_19450865.jpg



e0360431_19571050.jpg



e0360431_19572864.jpg


このお店では、宇治茶を販売していました。右にいる坊主頭の外人さんは、この店の
娘さんと結婚されたそうです。


e0360431_19592944.jpg



京都はべっぴんさんが多いです。


e0360431_19575763.jpg


茶店でも、上品なご婦人が楽しそうに話しされていました。


e0360431_19580664.jpg


あなたを慕って・・・・・。







[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-06-26 16:00 | 寺院の四季 | Comments(10)
Commented at 2017-06-25 19:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by voyagers-x at 2017-06-26 09:19
おはようございます!!
10円玉のデザインになってる場所ですね笑 素敵な写真の撮れる場所ですね。年末年始の計画はもう立てましたか?今ホテルの手配をしていますが、今年は満室になるのが凄く早くて困ります。残ってるのはとんでもない高額な部屋ばかり。何処へ行こうかと困りながら探しています。
Commented by sink_jpn at 2017-06-26 16:47
こんにちは~
ここには何度か行った記憶が有ります
周辺のお店で、だんごや蕎麦を食べて美味しかった事を覚えておりますです
Commented by A-HIMEKKO at 2017-06-26 17:13
お色直し後の秋に訪ねました。
水面に映る姿も美しく、
中の展示物も興味深く見ましたね。

三室戸寺の紫陽花とセットもいいですね♪
Commented by Photo-Lover777 at 2017-06-26 23:09
> voyagers-xさん
 年末年始をどう過ごすか、年を取ってくるとあまり嬉しい気持ちが湧いて来ないので、なかなか良いプランは出て来ません。昔、両親が生きていた頃は、お盆とお正月は田舎に帰るのが習わしだったので、考える必要もなかったのですが。今は、三が日に、神戸の生田神社(某女優と某お笑いタレントが挙式して別れた)か、京都の八坂神社、清水寺にお参りと撮影に行くとか・・・・ですね。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-06-26 23:21
sinkさんへ
 京都駅から南の方へはあまり行かないですね。大抵は、河原町、祇園辺りに撮影しに行くことが多いです。京都も嵐山、鞍馬、嵯峨野、大原など魅力的なところが一杯ありますね。tadさんが羨ましいですね。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-06-26 23:25
鍵コメさんへ
 ちょっと作風を変えようと真剣に思っています。雨と赤い傘なんで絶好のテーマですね。でも、今年は空梅雨ですね。トホホ〜〜〜な気分です。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-06-26 23:30
A-HIMEKKOさんへ
 宇治の方面って、あまり行かないですね。たまたま、どなたかのアイデイアに乗っかって、三室戸寺と平等院とセットになると分かり便乗しました。
Commented by surgeon24hrs at 2017-06-27 07:45 x
初めまして。私の拙いブログに"イイネ"をいただき、ありがとうございました。

ならは本当に随分前に行ったきりですが、京都より好きです。ただ京都に比べると少々便が悪いので、怠け者の常でついつい足が遠のいてしまいます。

こうして拝見させていただいて、「んー、これはやはりもう一度行きたいな!」という感じになりました。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-06-27 08:38
> surgeon24hrsさん
 先ほど、ブログにお邪魔しました。異国で医療に従事されているとお見受けしますが、毎日がストレスの連続と思いますので、今日は金曜日と思いたくなりますよね。私も現役時代は、月曜日が一番、憂鬱でした。メーカーの仕事は、1年から3年のスパーンで開発や生産に取り組みますので、達成感と休憩時間も感じますが、毎日、それぞれの患者さんに生死を賭けて接することが続くなんて私たちには想像がつきません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード