ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

徒然に写真機を友に時空を散策しています

リスボン探訪(1日目:④コメルシオ広場の海岸線からアルファマ地区へ)

リスボンの夕日がだんだん傾いて来ました。コメルシオ広場は、テージョ川の
河口にある南蛮貿易の交易地で世界から巨万の富がポルトガルに、ここから陸揚げ
されていました。海岸線のように見えますが、巨大な河口なのです。西にみえる巨
な鉄橋は、1966年に完成した全長2278mの鉄道並走橋で明石海峡大橋と姉妹関係
あるそうです。ここからメイン通りのアウグスタ通りに帰り、市電トラムを追い
 けながら東地区の1755年の大震災時に倒壊を免れたアルファマ地区に向かいました。
ちょっと陽が傾きだしたので、到達できるか心配です。              



西に見える橋は、当初、この橋を建設した独裁者サラザールの名を冠していまし
たが、1974 年にアントニオ・スピノラを中心とする軍人クーデターの成功を記念
して、リスボンの春を祝い、革命日に因み、4 月25日橋と命名されています。  


e0360431_16233698.jpg



明石海峡大橋とそっくりです。


e0360431_16232686.jpg

岸辺では、大勢の観光客が、この揺蕩う刻の流れを楽しんでいます。


e0360431_16231830.jpg


アフリカの民族音楽が聞こえて来ました。


e0360431_16230627.jpg



e0360431_16225841.jpg


ここから、凱旋門を潜り、アウグスタ通りに帰りながら、
アルファマ地区を目指しますが、間に合うかなあ〜〜〜〜


e0360431_16224931.jpg



西日が45mもあるサンタ・ジェスタのエレベーターをシルエット
に浮かび上がらせています。                 



e0360431_16223902.jpg




e0360431_16222912.jpg



これは栗を蒸しているそうです。西日を浴びて、何か幻想的です。


e0360431_16221954.jpg


この操り人形は欧州ではよく見掛けますよね。


e0360431_16221242.jpg




この辺りから、アルファマ地区に登る坂道に掛かります。
古い市電は悲鳴をあげています。           


e0360431_16220408.jpg




e0360431_16215564.jpg


本当に市電トラムは趣きがあり、大好きです。


e0360431_16214632.jpg




e0360431_16213719.jpg




e0360431_16212708.jpg


兎に角、市電トラムはノスタルジックで絵になりますね。

リスボンに因んだ歌をもう1度・・・・・・・




[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-10-11 20:57 | 旅行(海外) | Comments(6)
Commented by A-HIMEKKO at 2017-10-11 21:49
ほんまに・・・明石海峡そっくりですね。
夕陽と橋は絵になりますね^^

市電といい、
石だたみ坂道といい
映画のワンシーンのような雰囲気がありますね
Commented by sink_jpn at 2017-10-12 07:53
夕刻のシーン、ステキですねぇ~
市電のスナップもイケてますね♫
Commented by voyagers-x at 2017-10-12 10:29
おはようございます ! !
外国の風景、日本とは違う新鮮な感じがしますが、その日本とは違う素敵な光景の中で外国人の方もなんら変わりなく綺麗な夕日を楽しんでる光景に和み癒されます。当たり前の日常をみんな楽しんでるんですよね。文化の違い、観たことのない日常を見るのは楽しいいですね。

Commented by Photo-Lover777 at 2017-10-12 10:46
> A-HIMEKKOさん
おはようございます。みなさん、日常のなんでもない時間をゆったり楽しんでいる感じです。日本人は、少し頑張りすぎですね。ご主人と二人でゆっくりとリスボンに行ってください。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-10-12 10:49
> sink_jpnさん
おはようございます。本当に、定年後には、奥様と二人でゆっくり行ってください。こばさんの写真センスなら、もっとすごい写真が撮れると思います。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-10-12 10:52
> voyagers-xさん
おはようございます。ちょっと私たちは時間の過ごし方を変えないといけませんね。なんでもない時間をゆっくりと無駄のように過ごすのが贅沢のようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード