ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

徒然に写真機を友に時空を散策しています

ネパール探訪(カトマンズのダンバール広場:宮廷広場)

10月19日初日の午後は、ダンバール(宮廷)広場を見学しました。13世紀に
インド・アーリア語系民族のマッラ王朝がカトマンズ盆地を平定して以来、歴代
の王様が、この宮廷広場に20数棟に及ぶ寺院を建築したそうです。今でも、ハヌ
マン・ドカと呼ばれる旧王宮がありますが、2年半前の大震災により、甚大な被
を被り、現在も修復中でした。歴史的建造物ですから、昔からの遺構を継承し
ながら修復するには、時間と知的労力を必要とするのでしょう。       



多くの寺院には修復の足場が組まれていました。


e0360431_18015854.jpg




e0360431_18014734.jpg



広場の中心にあった寺院が完全に崩壊していました。


e0360431_18013764.jpg



e0360431_18012617.jpg



シヴァ(破壊の神)とパールヴァテイ(その妻)を祀る寺院は、
18世紀にグルカ王朝バハドウール王によって建築されたそうで 
すが、この寺院も修復中でした。              


e0360431_18011733.jpg




19日から4日間は、Tihar祭の祝祭日でお休みのため、   
大勢の観光客や礼拝者が寺院を訪れていました。      



e0360431_18010857.jpg


鳩は殺生を禁止されていて、観光客に餌を売るサリー風のドレスを
着た女性が印象的でした。                  



e0360431_18005866.jpg

子供たちの笑顔は、やっぱり素敵でした。


e0360431_18004695.jpg




e0360431_18003734.jpg




これは、カーラ・バイラヴと言って、シヴァの化身です。
可愛らしくて、破壊神の化身とは思われません。    


e0360431_18002742.jpg




e0360431_18001731.jpg



これは、菩提樹で樹齢数百年を超え、根幹は祠に
なっていて仏像が祀られていました。     


e0360431_18000724.jpg



e0360431_17595356.jpg


寺院の周りでは、秋の果物やTihar祭の花の首飾りが
売られていました。               


e0360431_17594126.jpg




e0360431_17592676.jpg




e0360431_17591209.jpg



2年半前のネパール大震災の様子を再確認してみよう・・・・・・





やっぱり、凄い被害を受けています・・・・・



[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-11-04 19:08 | 旅行(海外) | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2017-11-05 19:47
このあたりは大地震の被害はなかったのでしょうか?子供たちの笑顔が可愛いです。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-11-05 21:09
こんばんは。震源地はカトマンズの北西部だったそうですが、建物がレンガ作りですので、市内の寺院や家屋も随分、破損、倒壊したようです。子供の笑顔は素晴らしく、Iさんが撮った田舎の新築校舎での子供の笑顔を撮りに来たようなものです。
Commented by sink_jpn at 2017-11-06 08:16
おはようございます
良い色ですねぇ~
果物や野菜を売る風景、人も含めてとてもステキな絵になってますね♫
Commented by Photo-Lover777 at 2017-11-06 08:53
おはようございます。ちょと、東南アジアとは雰囲気が違っていて、当惑しました。気温は20数度で過ごしやすかったですが、インド風の原色が強烈でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード