ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

徒然に写真機を友に時空を散策しています

ネパール探訪(カトマンズの旧市街地:アサン/インドラチョーク)

昔からバックパッカーの安宿、ゲストハウスが集中するThamel(タメル)
地区に、学校建設のボランテイア活動のパートナー、Gさんがホテルを予約し
 て下さったのですが、この地区から旧市街地のAsan ChowkとIndora Chowk 
   は、カトマンズ独特の雰囲気で初訪問者の私にとっては不安が一杯でした。    

 現役時代は、東南アジアでオートバイの生産・販売を経験していましたが、イ
亜大陸地域での経験はなかったので、ホテルのレベルや食事の内容、治安
 状態は全くわかりません。前日、夜中の11時にホテルに入った時の街の雰囲気
は異様な感じでした。                         

 ところが、日中に歩くと大震災による倒壊した建物の粉塵が道路に溢れている
 ものの、身の危険を感じたり、掻っ払いにあうような感じが全くないのです。 
 欧州からヒマラヤのトレッキングにやってきた登山者も大勢呑気そうに街を徘徊
  しています。短パン、ゴム草履で気軽に散歩しています。ホテルも英語が通じるし
 ベッドもシャワーも朝食も何の不都合もなく、フロントの方々も、ネパールでの
 学校建設の話をすると感謝の念で一杯でした。               



ホテルを一歩出ると、この感じですから、
最初は不安になりますよね〜〜〜〜。  


e0360431_20152428.jpg




e0360431_20151351.jpg




e0360431_20145581.jpg



やはり、インド系の人が圧倒的に多い感じで、この時期は
 Tihar祭の買い出しに田舎から大勢やって来ているそうです。


e0360431_20144125.jpg



路地では、祭の花の首飾りや朝夕に田舎で採れた果物や
野菜を売っていました。              


e0360431_20142834.jpg



e0360431_20140474.jpg




e0360431_20133402.jpg



e0360431_20125899.jpg



e0360431_20124405.jpg



着物や織物も露店で販売しています。多分、お祭りの飾り付け
なのでしょう。                     



e0360431_20123266.jpg



e0360431_20121435.jpg



e0360431_20120233.jpg

仏具の販売も多いです。

e0360431_20114291.jpg



e0360431_20112622.jpg



e0360431_20111412.jpg



e0360431_20110133.jpg

ネパール音楽や民族舞踊なんて全く分からないので、1度調べてみよう・・・・・








[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-11-05 20:47 | 旅行(海外) | Comments(4)
Commented by sink_jpn at 2017-11-06 08:13
おはようございます
立て続けの遠征でしょうか?
活気がありますねぇ~原色が際立っていますね♫
Commented by Photo-Lover777 at 2017-11-06 08:40
おはようございます。実は、昨年秋に、Iさんと知り合い、今年の春にネパールを訪問する予定でしたが、二人の体調が思わしくなく、この秋に延期しました。また、大手の寄附提供者に係る現地校の落成式がありましたので、リスボンと時期が近くなりました。少し、疲れ気味で写真の整理が進みません。
Commented by voyagers-x at 2017-11-06 10:02
おはようございます ! !
カトマンズはインドの隣のネパールですね。
インドって.....
インド、味わい深い国で見所が満載で行って見たい気持ちもありますが、僕個人的には印象の悪い国です。インドの方に偏見を持ってしまい、いい印象を持っていません。女性を奴隷のように扱い、レイプして殺してしまう、一歳半の女児をレイプして殺すという事件が数日前起こっています。インドの人間は野蛮で頭がお菓子のではと偏見を持ち、それが拭い去ることができません。子供には絶対にインドなんかに行かせません。観光としては素晴らしい国なのですけど.....。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-11-07 14:34
> voyagers-xさん
おはようございます。ネパールも80%以上がインド系の人々で、ヒンズー教を信じ、カースト制もまだ残っているようです。数千年に及ぶ信教と身分制度ですから、21世紀初頭の民主化運動だけでは社会は一変には変わらないのでしょう。ただ、ネパールはインドと違い、人口が多くないし、気候は温暖だし、飢饉で餓死した話も聞かないので、民心は穏やかです。特に、田舎はみんなが貧しいので、ある意味、平等ですので、誰もが他人を妬まない感じです。稲刈りを撮影させてもらっているとミルク入りの紅茶とビスケットをご馳走してくれました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード