ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

徒然に写真機を友に時空を散策しています

ネパール探訪(ジャナジャグリテイ小学校)

ネパール訪問の本来の趣旨は、20余年に亘り、この地の教育貧困に心を動かされて
これまで80校の小・中・高等学校を建設されて来た兵庫県川西市に在住する石丸雄次
郎さんの活動に感動して、現地校で勉強する子供達と交遊することでした。     

 
 ヒマラヤのトレッキングから帰られた石丸さんとこの地で具体的に学校や医療施設を
ボランテイア活動を通じて建設されているガネッシュ・マン・ラマさんと奥様のサビトリ
さんに合流して、10月23日から建設中や竣工した学校を訪問し、子供たちの勉学の様子を
見学させてもらうことになりました。                       


 その前に、石丸さんのこれまでのネパールでの学校建設活動をご紹介したいと思います。
主な資料は、石丸さん作成のパンフレットから借用しています。           

e0360431_19024494.jpg

 ネパールは現在、旧王室は存在するものの、1990年と2000年初めの民主
化運動を通じ、国民選挙で国会議員を選出し、総理大臣を選任する民主共和
国です。国土は14万平方km、人口は2640万人、首都カトマンズに170
人が集中し、カトマンズ盆地は緑の美しい森林や田畠を有しますが、郡部
森林限界を超えた荒野や環境の劣悪な湿地帯が大半を占めています。   

 石丸さんは、娘さんが亡くなった同じ病気で日本で手術をしたにも拘らず、
んで行ったネパールの子が気になって、1996年に初めて、この地を訪問
た。そこで見たものは、貧困のため路上で物乞いをする子供達、両親を
失い路上で生活する子供達、学校に行けず家族と一緒にレンガ工場で働く子供
でした。                              

 まずは、子供達が学校で勉強できる環境を整えることが第1歩だと感じた石丸
さんは、当時26歳だったガネッシュ夫妻と知り合い、同じ志を持つ者が日本と
 ネパールでボランテイア活動を通じて学校を建設していくことを決意されました。


e0360431_19023056.jpg


学校建設は、20余年で80校に達しました。


e0360431_19021645.jpg



  しかし、2015年4月に発生したネパール大震災により4,962校が
 倒壊・破損し、16,370教室が損傷し、999,000人の子供が学習
 の場を失いました。                     

   
   
e0360431_19015779.jpg

e0360431_19014881.jpg

 今、ネパールでは、学校の校舎を確保することが第一ですが、教室には、
黒板、机、椅子がなく、教科書、ノート、鉛筆を持たない子供が多く、 
また、山間部では飲み水確保のため、濾過・洗浄器や電気配線や将来の 
準備としてネット配線なども必要と考えられます。          

観光と農業資源しかないネパールでは、子供達の教育こそが国と国民、
子供達の生活を豊かにする方策なのです。              



e0360431_19013477.jpg


 今日は、カトマンズのすぐ隣のカブレ(Kavre)県の山間部で修復中の
ジャナジャグリテイ小学校を訪問することになりました。     


e0360431_19005360.jpg

 実は、標高1450mで気候の温暖なカトマンズ盆地だけが、このような
美しい森林と田畠を有することを後で知りました。         


e0360431_19003902.jpg

それでも主要道路を外れ、山間部にある学校を目指すと山道は
狭く、車1台がやっと通れる泥道です。          


e0360431_19002217.jpg




e0360431_19001140.jpg



 まだ完成していませんが、校舎は、コンクリートの打ちっぱなしと
スレート屋根です。                     


e0360431_19000155.jpg


机、椅子がありません。

e0360431_18595289.jpg




e0360431_18594363.jpg




e0360431_18593389.jpg




e0360431_18592402.jpg



この方が先生です。



e0360431_18591319.jpg


e0360431_18585837.jpg



e0360431_18584736.jpg


ボランテイア基金からノート、鉛筆、消しゴムなどをセットに
して子供達に手渡しました。ガネッシュさんの奥様が徹夜で900
セット(今回訪問する5校の生徒数)を準備されていました。  


e0360431_18583876.jpg



e0360431_18582990.jpg


みなさん、この子供達の笑顔に感動し、勇気付けられるのでしょうね。



e0360431_18581765.jpg


e0360431_18580328.jpg


 今回は、私以外に二人の日本人のご婦人と留学研修中の女子学生の
方が参加されていました。                  


e0360431_18574352.jpg

Tihar祭のお菓子をお土産に渡すと大歓声が湧き上がりました。


e0360431_18572879.jpg



いよいよ、お別れで校舎前で記念撮影をしました。
みんなの笑顔は本当に可愛かったです。      


e0360431_18505609.jpg



e0360431_18504479.jpg


e0360431_18503384.jpg



e0360431_18502316.jpg



e0360431_18501393.jpg


大震災の後、日本からも多くのボランテイア・グループが
学校建設などを支援をしています・・・・・      






[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-11-17 12:53 | 旅行(海外) | Comments(4)
Commented by getteng at 2017-11-17 15:23
Photo-Lover777さん
貴兄のバイタリティには感心します。
何処の子供たちも目が綺麗で可愛いですね。
目が曇らないように、何かを警戒しているような目にならないように・・・。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-11-17 16:50
こんにちは。子供達の瞳は何故、こんなに純粋で綺麗なのでしょうね。多分、与えられた環境の中で生きていければいいと自然に悟っているのでしょう。周りに比べるものがないので、羨望やジェラシーを感じることがないのでしょうね。
Commented by voyagers-x at 2017-11-18 10:11
おはようございます ! !
こんなに勉強したがってる子供たちを見ると、恥ずかしく感じます。学校で真面目に勉強しないとバチが当たりそうです。

Commented by Photo-Lover777 at 2017-11-18 20:31
> voyagers-xさん
こんばんは。子供たちは、家の手助けをするため、早朝に谷川まで水汲みにでかけ、ヤギや羊の餌になる草刈りもするそうです。学校に来れば友達と遊べるし、勉強もできるので、楽しみにしているそうです。黒板、机、椅子もありませんし、貧しい家庭では、教科書、ノート、鉛筆も買えません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード