ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

徒然に写真機を友に時空を散策しています

カテゴリ:神戸の高架下界隈( 2 )

神戸元町の高架下界隈(その2)です。JR三宮駅から元町駅、更に花隈辺りまでは
店舗のリニューワルも頻繁に行われていますので、展示商品も斬新で集客能力もあり
ますが、7番街に近づくにつれて、シャッターを下ろしているお店が増えて来ます。
神戸の中心が三宮、元町にあり、ハーバーランドにモザイクや多くの専門店が開店
いるビル群が建設されたので、この近辺の高架下通りには人々が出向かないのか
あー・・・・・・・?????




e0360431_16494096.jpg





e0360431_16493440.jpg





e0360431_16491068.jpg





e0360431_16485673.jpg




e0360431_16484188.jpg




e0360431_16482555.jpg




e0360431_16475091.jpg




e0360431_16474198.jpg




e0360431_16470384.jpg




e0360431_16465203.jpg




e0360431_16464053.jpg




e0360431_16462432.jpg




e0360431_16460748.jpg


[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-03-01 17:00 | 神戸の高架下界隈 | Comments(0)
神戸センター街や元町商店街が神戸の表の顔なら、JR・阪神元町駅から神戸駅までの高架
下通は、通称”モトコー”と呼ばれる裏の顔です。元町駅から数えて、1番街から7番街まで
あり、三宮高架下通と合わせて、”高架下”と総称されています。

三宮〜元町〜神戸の鉄道の高架化は、1934年(昭和9年)から始まり、この下で営まれた
戦後の闇市が統合・組織化され、1946年に”元町高架下商業組合”が発足したそうです。高架
下通では、外国製の古着・中古家電・カメラや輸入品の鞄・革靴など神戸港に因んだ商品が売
られています。2015年12月にJR西日本が高架下の耐震補強工事を理由に商店街に退去を打診
しています。古き神戸の顔が失われることを嘆いている神戸っ子がたくさんいます。今までは、
三宮から花隈辺りまでしか散策していなかったのですが、1番街から7番街まで歩きました。
7番街の出口は、JR神戸駅の東でハーバーランドのすぐ近くまで来ていました。知らないこと
が多いなあ〜・・・・・・・・・!!!!!




e0360431_20123337.jpg



e0360431_20122345.jpg



e0360431_20124657.jpg



e0360431_20121121.jpg



e0360431_20120171.jpg



e0360431_20115215.jpg



e0360431_20113808.jpg



e0360431_20111795.jpg



e0360431_20110075.jpg



e0360431_20104597.jpg



e0360431_20102520.jpg



e0360431_20100625.jpg



e0360431_20095220.jpg



e0360431_20093405.jpg



e0360431_20091322.jpg



e0360431_20084845.jpg



e0360431_20082178.jpg

[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-02-28 09:24 | 神戸の高架下界隈 | Comments(0)