ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

何を撮れば、良いのか、迷いながら、写真を・・・・・

市電を追い掛けながら、バイロ・アルトの丘を降って行くと、谷間に
位置するバイシャの繁華街に来てしまった。午後10時なんて、まだ宵
の内、街はなかなか眠らない。もっと撮影できたら良いのだが・・・・



e0360431_13352809.jpg





e0360431_13351945.jpg





e0360431_13350907.jpg





e0360431_13345922.jpg





e0360431_13344882.jpg





e0360431_13343810.jpg



中央広場はまだ賑わっている・・・・・・



e0360431_13342424.jpg





e0360431_13341530.jpg



彼女は何を売っているのだろう・・・・



e0360431_13340381.jpg





e0360431_13333109.jpg





e0360431_13331776.jpg




ここでホテルに帰るのは残念だなあ・・・・・105.png105.png105.png






Fadoを探していたら、この歌手に・・・・何故?
でも、すごい人気のようです・・・・・     



[PR]
# by Photo-Lover777 | 2017-12-27 13:53 | リスボン探訪 | Comments(0)
バイロ・アルトの夜の熱気は諦めて、電光色に輝く、街並みと市電の
レールに魅惑されて、再々度、夜の市電トラムを狙いました。夜の光と
市電で家路を急ぐ市民の姿を撮りたいと思って・・・・・・・・・・・



e0360431_21170249.jpg





e0360431_21165109.jpg



街の小さな広場で曲がるように走ってくる市電が魅力です。


e0360431_21163815.jpg



電光色の街灯りが素敵です・・・・・



e0360431_21161650.jpg




e0360431_21154561.jpg




e0360431_21155710.jpg




市電で家路を急ぐ人たち・・・・・



e0360431_21153140.jpg




e0360431_21150374.jpg




e0360431_21160763.jpg




e0360431_21111688.jpg




e0360431_21110147.jpg



リスボンの市電トラムは本当に魅力的だ・・・・












ポルトガルの生活は海を除いて語れない・・・・・



[PR]
# by Photo-Lover777 | 2017-12-26 21:58 | リスボン探訪 | Comments(0)
今夜のバイロ・アルトは、自分の体の芯に火照りを感じるのに、燃焼し切ない
でいる漁夫の妻のようだ。昨晩の嵐に狂った海には、静寂が戻ったのに、船影1つ
見えない。ただ、このまま、じっと待つだけしかないのか・・・        
愛しい男(ひと)の帰りを                         

(昨夜のバイロ・アルトの熱気に当てられた、哀れな異邦人より・・・・・・)
        

             
e0360431_13410574.jpg




e0360431_13405366.jpg




e0360431_13404216.jpg





e0360431_13401371.jpg




e0360431_13395615.jpg




e0360431_13394052.jpg




e0360431_13392350.jpg





e0360431_13390710.jpg




e0360431_13385216.jpg




e0360431_13383667.jpg





e0360431_13375352.jpg





e0360431_13373963.jpg




e0360431_13372777.jpg



今夜のバイロ・アルトは熱気を失っている・・・・・・
これが日常なんだろう・・・・・・・        


Mariza ChuvaのFadoを聞いて帰ろう・・・・・・・







[PR]
# by Photo-Lover777 | 2017-12-25 14:12 | リスボン探訪 | Comments(2)

 ホテルでシャワーを浴びて、気分一新。実は、写真雑誌で、リスボンの夕焼けの
街並みが紹介されていて、是非とも撮影したいと思っていた場所がありました。
バイロ・アルトの北にあるサン・ペトロ・デ・アルカンタラ展望台で、ここから
東の丘にあるサン・ジョルジェ城やオレンジ色の屋根の街並みが夕日に輝いてい
 る光景が望めるのです。そこから坂道を下り、南下すると、バイロ・アルトの丘か
も夕暮れ時の東の丘が望めます。                    



e0360431_11495281.jpg



東の丘の頂上に、サン・ジョルジェ城が望めます。



e0360431_11492191.jpg


展望台の周りは公園になっていて、絵を描く人や若いカップル、
飲料水の露店が並んでいました。              


e0360431_11490032.jpg




e0360431_11484440.jpg




e0360431_11485174.jpg



それから坂道を下って、バイロ・アルトの丘に向かいました。


e0360431_11482743.jpg



e0360431_11481894.jpg


夕日も沈み、トワイライト・ブルーの空が綺麗です。



e0360431_11480909.jpg



e0360431_11480021.jpg



e0360431_11475127.jpg


街に街灯が灯りはじめる頃が1番エキゾチックです。

       

e0360431_11474049.jpg




坂道に、ソフィア・ローレン(のような女性)を見つけた・・・・


e0360431_11473107.jpg



坂道のレストランで相席した女性グループはドイツ
からで、同じ会社のお友達だそうです。     


e0360431_11470312.jpg




e0360431_11465389.jpg


夕食の後は、バイロ・アルトに活気が漲るまで
裏町歩きです・・・・・          


e0360431_11483557.jpg




e0360431_11471679.jpg




e0360431_11464189.jpg



ストリート・ミュージシャンが大勢います。
いい雰囲気です。            


e0360431_11463044.jpg



e0360431_11461740.jpg



Fadoを聴きながら、夜の帷を待ちましょう・・・・・






[PR]
# by Photo-Lover777 | 2017-12-24 12:37 | リスボン探訪 | Comments(8)
やっと、市電トラム15番線に乗って、ベレン地区に到着しました。
ここは、リスボンの西部海岸で大航海時代を象徴する建造物:ベレンの
 塔(16世紀初め、マヌエル1世が建設した船の入出港を監視する要塞)
 や、ジェロニモス修道院(エンリケ航海王子やヴァスコ・ダ・ガマの業績
を讃えるため、1502年に着工)や、発見のモニュメント(1960年エン
リケ航海王子の500回忌記念)など多くの歴史的建造物が見られます。 



これがジェロニモス修道院です。


e0360431_10515971.jpg




e0360431_10514536.jpg



発見のモニュメント・・・・・


e0360431_10513542.jpg




e0360431_10512737.jpg




e0360431_10511648.jpg




ベレンの塔・・・・貴婦人がドレスの裾を広げている姿にたとえ、
『テージョ川の皇女』と呼ばれています・・・・・        


e0360431_10510709.jpg




若い人はいいなあ・・・・・・


e0360431_10505702.jpg





e0360431_10504864.jpg



なんとなく、ハリウッドのスタジオを思わせるような・・・・・


e0360431_10503982.jpg




e0360431_10502893.jpg



帰りはバスで市内まで・・・・・
乗り物、大好き・・・・・・・・


e0360431_10500598.jpg




e0360431_10495674.jpg




e0360431_10494252.jpg




e0360431_10485589.jpg




e0360431_10484696.jpg




e0360431_10483371.jpg




ホテルに帰って、シャワーを浴びて、夕暮れのリスボン
撮影に備えよう・・・・・・っと 102.png102.png102.png


Fadoの大御所Amalia Rodrigues・・・・・・





若い時は美人でした・・・・・・

[PR]
# by Photo-Lover777 | 2017-12-23 11:31 | リスボン探訪 | Comments(2)