ネパール探訪(田舎の稲刈風景①)

ネパールのカトマンズ盆地を横切り、山間部の学校訪問をしている時、
農村部の畑には黄金色に輝く稲穂が満ち溢れていました。その風景は、 
私たちが小学2、3年生の頃、山陰地方から、出稼ぎの早乙女さんが  
田植えに来たり、鎌で稲を刈り、畑で稲を干し、籾を筵で天日干しして 
いた頃を思い出させてくれます。懐かしい風景です。         



e0360431_23245987.jpg




e0360431_23244902.jpg




e0360431_23243708.jpg




e0360431_23242585.jpg


もう日本では、ヤギも役牛も見られないですね。


e0360431_23240713.jpg




ネパール山間部の農村地域は厳しい環境です。


e0360431_23235345.jpg



e0360431_23234388.jpg



e0360431_23232989.jpg



こちらは、カトマンズ盆地の豊かな農村地域です。


e0360431_23231778.jpg



e0360431_23230332.jpg



どこかの写真集で見たようなシーンが現れて興奮しました。


e0360431_23225432.jpg


ガイドのミナ・ラマさんや運転手さんが場を和ませてくれ、
多くの写真を撮らせて貰えました。           


e0360431_23224301.jpg


もっと盆地を進むともっと豊かな農村シーンに出会えました。


e0360431_23223429.jpg



e0360431_23222430.jpg

もう1度、稲刈風景を掲載します。


[PR]
Commented by BBpinevalley at 2017-11-24 06:24
ネパールの素晴らしい写真の数々、ゆっくり拝見させていただきました。
ポルトガルとは、色合いがガラッと変わって、独特の雰囲気ですね。
ネパールに深く関わっておられる方々に同行され、有意義な旅でしたね。
まだまだ貧しい上に、大きな地震があって、石丸さんのような方の援助は、大きな助けに成っていることでしょう。
子供達の笑顔が、何よりの褒賞ですね。
ヒンドゥー教徒と仏教徒は、仲良く共存できているのでしょうか。
寺院も服装も風習も全く違うようですね。
ヒンドゥー教徒の方が、断然多いのでしょうが。

これから、オーストラリアの写真も楽しみにしています。
また色合いがガラッと変わるのでしょうね。
Commented by Photo-Lover777 at 2017-11-24 10:59
おはようございます。ご丁寧なコメントを頂き、ありがとうございます。1年前に、西宮市で石丸さんの講演会とネパールの写真展を見て、今回同行をお願いしました。もっと貧しい国もあると思いますが、ネパールも山間部に入ると、最近やっと電気配線がきて停電も減ってきたそうで、水は谷川まで汲みに行くのが子供達の日課です。学校も震災で潰れ、最近、国連、ユニセフや民間NGOの支援で再建され始めましたが、教室には、教科書、黒板、机、椅子もなく、子供達は、ノート、鉛筆、消しゴムも持っていません。このような環境で何故子供達は、このような素敵な笑顔と綺麗な瞳の輝きを持っているのでしょうか?
Commented by voyagers-x at 2017-11-24 11:04
おはようございます ! !
のどかな農業作業の光景ですね
カメラ話を向けると自然体のスマイル、素敵ですね
牛も刈り取ったワラの上でのんびりですね

Commented by Photo-Lover777 at 2017-11-24 19:40
こんにちは。毎日のご訪問、ありがとうございます。農村の稲刈風景が1番長閑で心和むものでした。大人も子供もやはり笑顔が素敵なのです。僕らはこれまで忙し過ぎて心のゆとりを失ってしまったのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Photo-Lover777 | 2017-11-24 01:02 | ネパール探訪 | Comments(4)

何を撮れば、良いのか、迷いながら、写真を・・・・・


by photo-lover777