人気ブログランキング |

病院通いの道すがら ①

 4月19日に、県立西宮病院に入院して、鼠径ヘルニアの
手術を受けました。腹腔鏡手術で全身麻酔3時間で、知らない
間に終わっていました。翌日、退院で病気扱いではないようで
す。この病院では、同じ手術を年間200件以上扱っているそう
で、ベテランの医師が多いそうです。時折、患部が腫れたり、
鬱血するそうですが、私の場合も、10日後に回復しました。

病院通いの道すがら、周りの日常の姿を撮りました。特に、
雨の日には、撮影に出ないので、却って、新鮮でした。   


e0360431_15573498.jpg




e0360431_15572574.jpg




e0360431_15571513.jpg




e0360431_15545543.jpg


Commented by BBpinevalley at 2019-05-03 18:03
こんばんは。
回復されて何よりでした。
入院されたんですね。
私も、一度同じ手術を受けたことがありますが、アメリカは入院させてくれませんでした。
内視鏡手術だったのですが、痩せててやりにくいので切らせてくれと夫に言いに来たそうで、結局メスを入れられてしまいました。
手術自体よりも、痛み止めが胃に来て、苦しかったです。
アメリカのお薬は強すぎる。
Commented by Photo-Lover777 at 2019-05-03 21:15
BBpinevalleyさんへ
今は、技術が進んでいるのでしょうね。お腹に、CO2を注入して
膨らせたそうですが、その後遺症で、腹の皮膚面に風船のような
膨らみが出ましたが、日にち薬で今は治りました。隣のベッドでは
ガンや白血病の患者さんがいて、私の病は、病気の内ではないと感謝
しました。
Commented by getteng at 2019-05-04 06:52
Photo-Lover777さん
2年前、女房も手術しました。
原因は戦後間もないころの盲腸の手術のずさんさが原因だったみたいです。
お大事にしてください。
Commented by j-garden-hirasato at 2019-05-04 07:50
鼠径ヘルニアの手術でしたか。
お疲れさまでした。
今は、もうよろしいのでしょうか。
お大事になさってください。
Commented by Photo-Lover777 at 2019-05-04 14:12
gettengさんへ
腹膜が陥没したり、破れると、その凹み部分に、腸や体液が
流れ込んで、腐食したり、水腫症になるそうです。早めの手術
しか方法がないのですが、今は、医療技術が進んで、腹腔鏡手術
で、負担が軽くなっています。翌日退院でしたが、患部の毛細
血管が切れたのか、腫れがひどかったのですが、術後10日で、ほぼ
回復しました。4人部屋でしたが、周りの患者さんは、ガンや白血病
らしく、大変そうでした。これは、病気の内には入らないようです。
Commented by Photo-Lover777 at 2019-05-04 14:16
j-garden-hirasatoさんへ
2週間経ちまして、ほぼ回復です。明日は、友達と梅田まで
2~3時間ほど、写真を撮りに行きます。家にじっとしていても
気が滅入るだけですから・・・・・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Photo-Lover777 | 2019-05-03 16:11 | 芦屋 | Comments(6)

何を撮れば、良いのか、迷いながら、写真を・・・・・


by photo-lover777