ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

何を撮れば、良いのか、迷いながら、写真を・・・・・

カテゴリ:和歌山全体( 3 )

この日の九度山町には、高野山から修行僧が大勢、托鉢に来られて
いて、家々の軒先でお経を唱え、お布施を頂いていました。武者行列
の後で、軽妙なチンドン屋さんが身振りよろしく、街並みを練り歩い
てくれましたので、これはいい被写体になりました。       



e0360431_16172758.jpg




e0360431_16171416.jpg




e0360431_16170012.jpg




e0360431_16164844.jpg




e0360431_16163169.jpg


ここが旧真田庵で、今はお寺になっているのだと思います・・・・・


e0360431_16162274.jpg




e0360431_16161317.jpg




e0360431_16160328.jpg

こんなに沢山のお坊さんを見たのは
初めてです・・・・・      

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・・・






[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-02-03 16:32 | 和歌山全体 | Comments(7)
2016年に、NHKで放映された大河ドラマ”真田丸”に因んだ
”九度山真田祭”が、和歌山県九度山町で、5月8日(日)に催行さ
ました。この番組は、幸村:堺雅人、父昌幸:草刈正雄がメイン
ストで、大坂城の南に出丸、空堀:真田丸を築き、大坂夏の
において、山付近で壮絶な死を遂げた真田幸村が”日本一の兵”
(ひのもといちのつわもの)と賞賛された物語です。       

それでは、なぜ幸村が和歌山県九度山と関係があるのでしょうか?
ウキペデイアで調べてみると、1600年天下分け目の関ヶ原の合戦に
敗北し、同年家康により高野山善名称院に蟄居を命じられ、後年、九
度山に、この寺を移し真田庵と称して、14年間暮らしました。1614
年、大坂冬の陣で豊臣家に召集され、翌年夏の陣で、家康の陣に襲い
り、もう一歩で、家康の鳩首を射止めるほどの武勇が後生まで
えられました・・・・・、あのう〜〜〜、最近は、そんなに大河ドラ
  マ、見ませんよね、後で調べないと分からないことだらけ105.png105.png137.png




この日は、全日写連兵庫本部がバス三台を仕立てて、
150人のカメラマンが参加しました〜〜〜、わーーっ
壮絶、カメラマンの方が多いやあ〜〜〜〜     


朝、武者行列から開始です・・・・


e0360431_08540453.jpg




e0360431_08535673.jpg




アーーット、これが人集りの多い理由だ〜〜〜〜


e0360431_08534828.jpg


この祭日には、高野山の修行僧が町に托鉢に
来るそうです・・・・・         


e0360431_08534013.jpg




e0360431_08533220.jpg



e0360431_08532318.jpg

悟りを開けそうな動画を選ぼう・・・・・108.png133.png162.png104.png





[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-02-02 10:00 | 和歌山全体 | Comments(2)
 毎年11月中、下旬にならないと渋柿が熟し、それを天日干しする、
お正月用の串柿の作業は始まらないのですが、ネタ切れのため、少し
 シーズン外れの写真を掲載します。悪しからず。和歌山県伊都郡かつら
 ぎ町は山間部の人里離れた山地にあります。ここは、四郷串柿の里と呼
 ばれ東谷、平、滝、広口の4つの村を総称して四郷と呼ばれています。

お正月の串柿の70%はここで作られ、串には、左右に2個づつ、中央
に6個、合計10個の串柿を通し、夫婦(2こ)+仲むつ(6こ)まじく
+夫婦(2こ)との意味を込めて、”新玉の年の初めに夫婦ニコニコ仲睦
まじく”と願っているそうです。                  




真っ赤な渋柿が当たり一面、玉すだれのように吊るされ、
山里は柿一色に染まります。             


e0360431_21555005.jpg




e0360431_21554040.jpg




e0360431_21552420.jpg




山里のお婆ちゃんは気安くモデルになってくれました。


e0360431_21551536.jpg



e0360431_21550501.jpg



柿の赤色と菊の黄色が、いいコントラストになっています。


e0360431_21545691.jpg



このお婆ちゃんは、一人で頑張っているそうです。


e0360431_21544870.jpg




可愛いお孫さん達も山里にいました。


e0360431_21543510.jpg



e0360431_21542567.jpg




渋柿の皮むき、乾燥用の玉掛け、運搬、乾燥、梱包、出荷と
作業は多岐にわたり、11,12月は大忙しです。      


e0360431_21541566.jpg



e0360431_21540057.jpg

あれ〜〜〜〜、この歌を聴けば、和歌山は柿の名産地なんだあ〜〜〜、
みかんは知っていたけれど・・・・・・              








[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-09-22 10:00 | 和歌山全体 | Comments(8)