ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

何を撮れば、良いのか、迷いながら、写真を・・・・・

タグ:滋賀県 ( 8 ) タグの人気記事

堅田の地は、度々戦場となり、この寺も荒廃しましたが、徳川時代に
桜町天皇より御能舞台を御下賜頂き建立されたそうです。現在の浮御堂は
 昭和12年に再建されて、阿弥陀仏一千体を安置しています。東に伊吹山、
   西に比良連峰、比叡山を戴き、眼前の湖水の向こうには、沖ノ島を望み、   
 四季を通じて花鳥風月の様々な趣を見せます。             



e0360431_11010979.jpg





e0360431_11010173.jpg





e0360431_11004515.jpg





e0360431_11005312.jpg





e0360431_11003630.jpg





e0360431_11002763.jpg





e0360431_11001741.jpg





e0360431_11000673.jpg



琵琶湖の周辺は、様々な歴史と文化が息づき、湖水の趣は
人々に平穏を齎せてくれます・・・・・・       




[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-05-08 11:19 | 琵琶湖周辺 | Comments(0)
  午後3時頃に、雨脚が厳しくなってきたので、撮影を諦めて家路
 につくことにしました。南下するにつれ、天候が回復しだしたので、
琵琶湖周辺に出て、どこかいい場所で撮影したいと思い、Aさんの
提案で『浮御堂(うきみどう)』に行くことになりました。   


  近江八景の一つ堅田の落雁、浮御堂は995年に源信(恵心)僧都が
 湖上通船の安全と衆生済度を発願して建立されたそうです。この地は
 一休和尚、蓮如上人が錫をとどめ、芭蕉、広重、北斎らが、多くの詩
歌、絵画を残しています。                  


e0360431_11295574.jpg





e0360431_11294625.jpg





e0360431_11293715.jpg





e0360431_11292964.jpg


ここは、湖辺のレストランですが、いい光景を
見つけました・・・・・          


e0360431_11535951.jpg





e0360431_11291330.jpg





e0360431_11290484.jpg


こんなシーンには、滅多に遭遇できません・・・






[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-05-07 11:55 | 琵琶湖周辺 | Comments(2)
ここは、針畑川を遡った一番奥の最上流の地域です。冬には、積雪
2mに達し、薪を焚べて暖をとるそうです。この日も4月初旬にも拘らず
8℃の気温で、雨も降りそうで寒かったです。3時頃には、天気が崩れて
 きたので、針畑川沿いを下り帰路につきました。途中、朽木渓流魚センター
の少し民家があるところで撮影しました。              



e0360431_10295197.jpg





e0360431_10294354.jpg





e0360431_10293420.jpg





e0360431_10292644.jpg





e0360431_10291838.jpg





e0360431_10291074.jpg





e0360431_10290231.jpg





e0360431_10285422.jpg


Kさんの愛犬、コロ**に似た柴犬が人懐かしそうに
尻尾を振って近づいてきました。          






[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-05-05 10:49 | 朽木針畑郷 | Comments(2)
この辺りの集落の屋根は、冬の寒さと積雪(聞くところによると2m
位)に耐えられるように茅葺か、最近は、傾斜のあるトタン張りになって
います。京都の美山でもお聞きしましたが、この茅葺屋根を葺き替える職
 人さんがいなくなっているそうです。日本の原風景を保存しようと思えば、
 色々な支援が必要です。小道を自転車で走る子供に、『小学校生は何人いる
   の?』と尋ねると、『全部で30人くらい、中学校は隣町へ』との返事でした。




e0360431_11201183.jpg





e0360431_11200107.jpg





e0360431_11195079.jpg





e0360431_11194219.jpg





e0360431_11193468.jpg





e0360431_11192423.jpg


山桜もそろそろ咲き始めていましたし、モクレンも
花が開き始めていました・・・・もう春です・・・



e0360431_11191505.jpg




e0360431_11190452.jpg





e0360431_11185319.jpg


それでも、この道は小型バスが通れるように、冬は
除雪車が雪掻きをしてくれるそうです・・・・  





[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-05-02 11:38 | 朽木針畑郷 | Comments(2)
 鯖街道367号線に沿って流れている安曇川では、綺麗な水が
 流れ、鮎とか山女魚が獲れるのでしょうが、ここは、北部に有名
なマキノスキー場があるくらい雪の多い湖北地方です。   
 この日もだんだん曇り空になって来て、気温も8度くらいまで
がってきました。4 月7日で、大阪、神戸では桜はもう葉桜に
っているのに、突然、川沿いに満開の桜並木が現れて来て大興
    奮です。もう少し、天気が良かったらいい写真が撮れたのに。    



e0360431_21212373.jpg





e0360431_21211331.jpg





e0360431_21210380.jpg





e0360431_21205237.jpg



ここから、県道麻生古屋梅ノ木線を通り、朽木針畑郷に
向かいました。ここは、6集落、300人くらいしか住ん
ない限界集落ですが、古き日本の風情が残る村々の
風景と暮らしがあります。             
                  


e0360431_21204293.jpg





e0360431_21202939.jpg





e0360431_21201372.jpg





e0360431_21200301.jpg





e0360431_21195333.jpg





e0360431_21194153.jpg





e0360431_21192451.jpg

今時、鶏が放し飼いになっているなんて・・・・・




[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-05-01 21:50 | 朽木針畑郷 | Comments(4)
ここも梅ノ木町の一角で、古い古民家が保存され、町の歴史的
景観が保たれています。同じ広場には、小学校もあって、スクール
バスを運行しているオジさんに会いました。この辺りの様子を聞き
ましたが、人口は減る一方だそうです。学校も統合され、通学路も
長くなったので、バスの運行が始まったそうです。どこの田舎も
じです・・・・・、郷里の徳島も同じです・・・・134.png142.png148.png  



e0360431_21442604.jpg




e0360431_21441416.jpg




e0360431_21440237.jpg




e0360431_21434744.jpg




e0360431_21433234.jpg




e0360431_21432348.jpg




e0360431_21431351.jpg

本当に、心癒される景色です・・・・・・・




[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-04-30 22:00 | 朽木針畑郷 | Comments(0)
古くは平安京の時代から、若狭湾で獲れた鯖は徒歩で都に運ばれ、
塩で絞められた鯖は、ちょうど良い塩加減になり、京の庶民に重宝され
たと言われています。この鯖を運ぶ街道が、小浜市若狭町から京都市の
出町柳に至る『若狭街道』で、現在の国道367号線にあたります。  

 特に、高島市では、朽木宿が宿場町として栄え、この地域が2015年
に、文化庁によって『海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群』に選ばれ
から、朽木針畑郷を文化的に保存しています。          


 367号線の途中で、葛川梅ノ木町の辺りで休憩し、桜の咲く里山で
撮影をしました。                      


e0360431_21310239.jpg





e0360431_21305342.jpg





e0360431_21304391.jpg





e0360431_21303421.jpg


実は、この撮影は4月7日に行ったのですが、湖北の
桜はちょうど満開でした。             


e0360431_21302451.jpg





e0360431_21301680.jpg





e0360431_21300187.jpg





e0360431_21294709.jpg


この時期には、どのような川魚が獲れるのでしょうね・・・・????

          

   



[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-04-28 22:11 | 朽木針畑郷 | Comments(2)
沖島は、近江八幡市の沖合に位置する琵琶湖で1番大きい島です。島に渡る時には、
雪を頂いた伊吹山が見えます。島の面積は、1.5平方kmで、約120戸、330人位の
人々が生活されています。島の暮らしは、半農半漁で、主な漁獲物は、スジエビ、
アユ、フナ、シジミ、ワカサギなどです。島には、沢山の猫も暮らしていました。
島の若い人たちは、島から対岸の近江八幡市やその他の街で働いているそうです。

1月15日に、左義長祭があり、笹で組まれた大左義長は10m位になり、15日の午後
に暮らしの安全や大漁を祈願し、火が放たれます。



e0360431_19554363.jpg



e0360431_19545408.jpg




e0360431_19541324.jpg



e0360431_19535580.jpg



e0360431_19534361.jpg



e0360431_19532678.jpg



e0360431_19531286.jpg



e0360431_19512864.jpg



e0360431_19511307.jpg



e0360431_19505979.jpg



e0360431_19504524.jpg






[PR]
by Photo-Lover777 | 2016-12-05 20:49 | 琵琶湖周辺 | Comments(0)