ブログトップ

写真の散歩道

photo33.exblog.jp

何を撮れば、良いのか、迷いながら、写真を・・・・・

タグ:高島市 ( 9 ) タグの人気記事

ここは、針畑川を遡った一番奥の最上流の地域です。冬には、積雪
2mに達し、薪を焚べて暖をとるそうです。この日も4月初旬にも拘らず
8℃の気温で、雨も降りそうで寒かったです。3時頃には、天気が崩れて
 きたので、針畑川沿いを下り帰路につきました。途中、朽木渓流魚センター
の少し民家があるところで撮影しました。              



e0360431_10295197.jpg





e0360431_10294354.jpg





e0360431_10293420.jpg





e0360431_10292644.jpg





e0360431_10291838.jpg





e0360431_10291074.jpg





e0360431_10290231.jpg





e0360431_10285422.jpg


Kさんの愛犬、コロ**に似た柴犬が人懐かしそうに
尻尾を振って近づいてきました。          






[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-05-05 10:49 | 朽木針畑郷 | Comments(2)
この辺りの集落の屋根は、冬の寒さと積雪(聞くところによると2m
位)に耐えられるように茅葺か、最近は、傾斜のあるトタン張りになって
います。京都の美山でもお聞きしましたが、この茅葺屋根を葺き替える職
 人さんがいなくなっているそうです。日本の原風景を保存しようと思えば、
 色々な支援が必要です。小道を自転車で走る子供に、『小学校生は何人いる
   の?』と尋ねると、『全部で30人くらい、中学校は隣町へ』との返事でした。




e0360431_11201183.jpg





e0360431_11200107.jpg





e0360431_11195079.jpg





e0360431_11194219.jpg





e0360431_11193468.jpg





e0360431_11192423.jpg


山桜もそろそろ咲き始めていましたし、モクレンも
花が開き始めていました・・・・もう春です・・・



e0360431_11191505.jpg




e0360431_11190452.jpg





e0360431_11185319.jpg


それでも、この道は小型バスが通れるように、冬は
除雪車が雪掻きをしてくれるそうです・・・・  





[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-05-02 11:38 | 朽木針畑郷 | Comments(2)
 鯖街道367号線に沿って流れている安曇川では、綺麗な水が
 流れ、鮎とか山女魚が獲れるのでしょうが、ここは、北部に有名
なマキノスキー場があるくらい雪の多い湖北地方です。   
 この日もだんだん曇り空になって来て、気温も8度くらいまで
がってきました。4 月7日で、大阪、神戸では桜はもう葉桜に
っているのに、突然、川沿いに満開の桜並木が現れて来て大興
    奮です。もう少し、天気が良かったらいい写真が撮れたのに。    



e0360431_21212373.jpg





e0360431_21211331.jpg





e0360431_21210380.jpg





e0360431_21205237.jpg



ここから、県道麻生古屋梅ノ木線を通り、朽木針畑郷に
向かいました。ここは、6集落、300人くらいしか住ん
ない限界集落ですが、古き日本の風情が残る村々の
風景と暮らしがあります。             
                  


e0360431_21204293.jpg





e0360431_21202939.jpg





e0360431_21201372.jpg





e0360431_21200301.jpg





e0360431_21195333.jpg





e0360431_21194153.jpg





e0360431_21192451.jpg

今時、鶏が放し飼いになっているなんて・・・・・




[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-05-01 21:50 | 朽木針畑郷 | Comments(4)
ここも梅ノ木町の一角で、古い古民家が保存され、町の歴史的
景観が保たれています。同じ広場には、小学校もあって、スクール
バスを運行しているオジさんに会いました。この辺りの様子を聞き
ましたが、人口は減る一方だそうです。学校も統合され、通学路も
長くなったので、バスの運行が始まったそうです。どこの田舎も
じです・・・・・、郷里の徳島も同じです・・・・134.png142.png148.png  



e0360431_21442604.jpg




e0360431_21441416.jpg




e0360431_21440237.jpg




e0360431_21434744.jpg




e0360431_21433234.jpg




e0360431_21432348.jpg




e0360431_21431351.jpg

本当に、心癒される景色です・・・・・・・




[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-04-30 22:00 | 朽木針畑郷 | Comments(0)
古くは平安京の時代から、若狭湾で獲れた鯖は徒歩で都に運ばれ、
塩で絞められた鯖は、ちょうど良い塩加減になり、京の庶民に重宝され
たと言われています。この鯖を運ぶ街道が、小浜市若狭町から京都市の
出町柳に至る『若狭街道』で、現在の国道367号線にあたります。  

 特に、高島市では、朽木宿が宿場町として栄え、この地域が2015年
に、文化庁によって『海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群』に選ばれ
から、朽木針畑郷を文化的に保存しています。          


 367号線の途中で、葛川梅ノ木町の辺りで休憩し、桜の咲く里山で
撮影をしました。                      


e0360431_21310239.jpg





e0360431_21305342.jpg





e0360431_21304391.jpg





e0360431_21303421.jpg


実は、この撮影は4月7日に行ったのですが、湖北の
桜はちょうど満開でした。             


e0360431_21302451.jpg





e0360431_21301680.jpg





e0360431_21300187.jpg





e0360431_21294709.jpg


この時期には、どのような川魚が獲れるのでしょうね・・・・????

          

   



[PR]
by Photo-Lover777 | 2018-04-28 22:11 | 朽木針畑郷 | Comments(2)
マイカーを廃却したので、家内と日帰り観光バスで湖北の桜巡りをすることにしました。
行き先は、湖西線の北端部に位置する高島市の海津大崎と湖北をUターンして長浜市に
回り込み、余呉湖と秀吉が城下町を築いた長浜城のある豊公園のお花見でした。




海津大崎の湖岸は、大阪城の城壁に使われた岩で防水堤が築かれ、桜の景観と調和していました。


e0360431_14280392.jpg



桜はちょうど見頃で湖水に映えて春景色を楽しませてくれました。


e0360431_14274064.jpg


e0360431_14272875.jpg



e0360431_14271269.jpg



それから、余呉湖に廻りましたが、ここは気温が低く、桜はまだ開花していませんでした。
その代わり、菜の花が真黄色に咲いて湖と山々とコラボしていました。

e0360431_14262618.jpg




約30分で長浜市内に入り、秀吉が築城した長浜城がある豊公園で満開の桜と
湖岸の春霞を楽しみました。

e0360431_14260988.jpg




e0360431_14254771.jpg




e0360431_14252265.jpg




e0360431_14244089.jpg




e0360431_14242015.jpg



[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-04-11 14:50 | 琵琶湖周辺 | Comments(1)
桜前線は、今どこまで来ているのでしょう。写真ブログを見ていると各地の河津桜は
もう全開のようですネ。私は、今春、日帰りバスで、家内と一緒に、琵琶湖の海津大崎、
余呉湖、彦根の桜めぐりを計画しています。本当は、愛車でドライブするはずだった
のに・・・・・・????

本当のことを白状します。今年1月に伊丹空港のスカイパーク公園の駐車場で、後方不
注意で後ろの車に、チョコットと当ててしまったり、田舎に帰省した時に狭い道で急発進
して縁石にタイヤの側面をこすってパンクさせたりで、自分の運転に自信がなくなり、大
きな事故を起こす前に、13年乗り続けていた愛車アウデイA4を手放すことにしました。

さて、買取価格はいくらだったでしょう?・・・・・・ガリバーは、査定0円、2、3社
ネットで探してやっと6万円でした。その前にパンクしたタイヤは2万円したのに・・・
・・・断捨離か・・・・・・ア〜〜〜ア・・・・・

話が横に逸れましたが、昨年、私が数年間は写真撮影に通いたいと思っています、琵琶湖
湖西線の北端に位置する高島市に、小浜で水揚げされた鯖を塩漬けにして京都に運ぶ、いわ
ゆる鯖街道沿線の村、朽木針畑郷があります。一昨年の秋に、ススキと渋柿のなる日本海側に
近いこの山里を訪れ、日本の原風景に出会いました。それで、昨年の春に再訪し、新春の到来
を感じる山里を撮影することにしました。



この前の道が367号線です。

e0360431_14504401.jpg


途中で公民館のような建屋で休憩し撮影しました。

e0360431_14503522.jpg


針畑川沿いに上り、渓流魚センター(有料で駐車もダメ)をパスして、相当行くと
橋があり、この付近にお店があって、休憩し、撮影しました。

e0360431_14502027.jpg


その付近で会ったおばあちゃんです。撮影はお願いしました。

e0360431_14500760.jpg



e0360431_14495843.jpg


ここは、相当奥の方です。この方は有名みたい。干し柿をご馳走になりました。

e0360431_14494882.jpg



e0360431_14493202.jpg



e0360431_14491987.jpg


ここももっと奥の方です。結構、民家はあります。屋根が雪よけのため、急勾配です。

e0360431_14490771.jpg



e0360431_14485590.jpg



e0360431_14484650.jpg


ここは、367号線に復帰する手前です。

e0360431_14483607.jpg

[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-03-23 14:56 | 朽木針畑郷 | Comments(4)
毎年12月初めに、高島市の琵琶湖湖岸から早朝6時頃に朝日が昇る黎明の空に向けて
琵琶湖を横断する熱気球大会が開催されます。ところが、晴天であっても西岸から東岸
に無事到着できる適度な風速の西風が吹いていないと決行されません。3、4回来て1度
位の確率でしか、朝日の昇る未明の空に飛翔する熱気球を撮影することはできないそうで
す。この時も、微風しかないので中止となり、その代わり、学校の校庭から30機位の熱
気球がデモフライトをしてくれました。



e0360431_14350593.jpg



e0360431_14345543.jpg



e0360431_14344663.jpg



e0360431_14343670.jpg



e0360431_14342431.jpg



e0360431_14341341.jpg



e0360431_14340187.jpg

[PR]
by Photo-Lover777 | 2017-01-27 14:39 | 滋賀全体 | Comments(0)
その昔、小浜で獲れた鯖を塩漬けにして、熊川の宿を経由し、朽木(くつき)村を通り、
京都の出町柳まで運搬する街道を鯖街道と呼称していたそうです。京までは18里で鯖の
塩加減がちょうど良い按配になるそうです。ちょっと近周りをするため、朽木村の西側の
峠越えに位置するのが針畑郷です。今は、両方とも高島市になっています。

針畑川沿いに狭い山道を辿って行くと、表日本では見られない日本の原風景に出会えます。
特に、秋は、ススキの穂が風になびき、真っ赤になった渋柿がたわわに実っていて、子供の
頃を思い出させてくれます。




e0360431_11174220.jpg



e0360431_11172730.jpg



e0360431_11171086.jpg





e0360431_11163403.jpg



e0360431_11161543.jpg



e0360431_11160003.jpg



e0360431_11154563.jpg

[PR]
by Photo-Lover777 | 2016-11-30 11:44 | 朽木針畑郷 | Comments(0)